出会系サイトで女性の反応が良いメールを送るコツ
  • 出会い系サイトで知り合った女性とのLINEのやり取りの話題に困っている
  • 女性からの返信が来ない
  • LINEのやり取りだけで実際に会うことができない
  • ファーストメッセージの内容はどうしたらいいのか

このような悩みを解決します。

出会い系サイトで知り合った女性とは会ったこともない相手なので、情報が少なくどのような話題をLINEやメッセージでやり取りをしたらいいのか分からない男性が多いように感じます。

実際に会ったことのない女性と上手くいくLINEやメッセージのポイントをご紹介していますので参考にしてください。

出会い系サイトで知り合った女性と仲良くなる為のメッセージ、メール、ラインの内容

 

出会い系サイトで知り合った女性と仲良くなる為のメッセージ、メール、ラインの内容

出会い系サイトは実際に会ったことのない女性とメールなどでやり取りをして仲良くなり、会うためには女性に興味を持ってもらわないといけません。

女性に面白そうじゃない男性、楽しくなさそうな男性などのように思われてしまうと女性からの返信が無くなってしまうことがあります。

そこで私が女性とのやり取りで使っている話題をご紹介します。

私が女性とのやり取りで使っている話題
  • 趣味や好きなこと
  • 休日は何をしているのか
  • 休日はいつか(何曜日なのか)
  • お酒は飲むのか&好きか
  • 好きな男性のタイプは
  • 女性の過去の恋愛話
  • エッチ系の話(可能なのであれば)

    このような話題を振り、返ってきた返事に対して深堀していくというのがパターンになっています。

    相手の話ばかりをするのではなく自分の話をしますが、基本的には相手の話を聞いてあげて共感してあげることを繰り返し行うと上手に女性とLINEすることができます。

    基本的に女性とのやり取りや会話の中で意識することは共感してあげることです。

    それでは女性の過去の恋愛話とエッチ系の話について詳しく解説したいと思います。

    恋愛の話は女性と仲良くなれる話題

    恋愛の話は仲良くなれる話題なので必ず話すようにしています。恋愛系の話題はある程度、LINEをして仲良くなった段階でするようにしています。

    話す内容は女性によって変わりますが基本的には、

    • 過去に付き合った男性はどのようなタイプ
    • 彼氏いない歴はどれくらい
    • 一番長く続いたのは
    • 別れた理由は(聞けそうなら)

    などについて聞いています。

    話をしていく中で別の恋愛に関する話題になったりするので会話する内容としてはもっとあります。

    えっち系の話は超オススメの話題

    エッチ系の話は一気に親密になれる話題になるので、可能であれば話をするようにしています。

    ただしLINEなどの文面だと伝わり方が難しいため実際に会ってから話したほうがいいでしょう。

    会うまでにLINEやメールでエッチな話題をする際は相手の女性の雰囲気やノリなどを見極めて引かれなさそうであればLINEでも下ネタの話題を使うようにしています。

    下ネタに持っていくときの流れに関しては恋愛話の延長線でできるだけ、自然な形で持っていきます。

    コツは冗談っぽい感じで話をすることです。
    例えば、

    下ネタに話を変える具体例
    • 短期間で別れた彼氏がいた場合:「その彼氏は夜の営みが下手だったからすぐに別れたの?笑」
    • 知り合いのエピソードを使う:「女友達から彼氏がエッチが下手で困っているって相談受けたのだけれどアドバイスのしようがなかったよ笑。何かいいアドバイスないかな笑」

    このようにできるだけ冗談っぽく女性が「くすっ」と笑ってくれそうな内容を送ってみるといいでしょう。

    真面目感を出さないように「笑」を最後に入れてみるとといいです。

    女性に下ネタの話を振ってみていい感じの反応を得られた場合はどんどん下ネタの話題をして盛り上がることができればグッドです。

    相手の女性にもよりますが、私の場合は「好きな体位は?」ということも聞いたりします。

    メッセージ、メール、ラインを途切れないようにするテクニック

    「女性とのLINEがすぐに途切れる」「話すネタが無くなる」という男性は一つ一つの話題に対して掘り下げることを意識しましょう。

    一つの事に関して質問し、その質問の返答がくる。そして違う話題について質問をするということをしている場合は今すぐに止めましょう。

    LINEのやり取りを長く続けるコツは一つ質問して返答がきて、その答えに対して質問する、共感することが大切です。

    どんどん違う話題に移ってしまうと、すぐに話題が無くなってしまいLINEが途切れてしまうのは当たり前です。

    例えば「好きなことは?」と質問して「漫画を読むこと」と返ってきたとして、「休日は何をしているの?」と全然関係ない話題について質問するのではなく「どのような漫画を読むの?」など質問の答えに関連する質問を投げかけることでLINEが続きます。

    連想ゲームをイメージしていただくと分かりやすいかもしれまません。

    すぐに関連する質問が思いつかなくても会話と違いLINEやメールは考える時間に余裕があるのでそこまで難しくないです。

    出会い系サイトのファーストメッセージの内容で返信があるか変わる!

    出会い系サイトのファーストメッセージの内容で返信があるか変わる!

    出会い系サイトを使っていてタイプの女性を見つけた場合はファーストメッセージを送ることになります。

    いろいろな女性のプロフィールを見て「この子がいいな」と思ってメッセージを送るのですが、その女性から返信がなければそこで終わりなわけです。

    女性と知り合うためにもファーストメッセージは非常に大切なので、「自分に興味を持ってもらう」「安心、安全そうな男性と思ってもらう」ことを意識した内容を考える必要があります。

    もちろんメッセージの内容だけでなくプロフィールの内容プロフィール写真も非常に大切なので女性受けがいいものを作成しないといけません。

    女性に興味を持ってもらわないと返信をしてくれません。

    男性から人気な女性であれば尚のことです。日々、いろいろな男性からメッセージが届くわけなのでフツメンの男性が普通の面白くないメッセージを送っても反応がない可能性があります。

    また「危険そうな男」と思われても返信はありません。

    基本的に女性は「この男性と会っても大丈夫か?」を見極めていると思ってください。危ない男性と思われてしまうと女性は会ってくれないどころかメッセージの返信をしてくれないです。

    そのためにファーストメッセージで大切なことは誠実、まじめ、しっかりしている、楽しそうなどに関してアピールすると良いので具体的な内容などに触れながら解説していきます。

    ファーストメッセージの具体的な内容

    具体的なファーストメッセージの内容構成は下記のようにすると返信をしてくれやすいです。

    ファーストメッセージの内容構成
    • あいさつ
    • なぜメッセージを送ったのか(なぜその女性なのか)
    • 自己紹介
    • 相手のプロフィールの情報に少し触れる
    • 最後に一言

    このような構成で内容を考えればOKです。
    例えば、

    ファーストメッセージの具体例

    「はじめまして○○といいます。

    私も飲みに行くのが好きなのでメールしました。
    仲良くなれたら飲みに行けたらいいですね。

    ○○関係の仕事をしています。
    冬はスノボーに行くのが恒例行事です。

    ○○さんはどんなお酒を飲むのですか?
    返信待っています。」

    このように仲良くなった後のことについても書いておくと女性がイメージしやすくなり効果的です。

    今回の例で解説すると「仲良くなれたら飲みに行けたらいいですね」という所です。女性があなたと仲良くなれたら一緒に飲みに行ったときの想像ができます。

    またマイナスに捉えられない仕事をしている人であれば何の仕事をしているのか書いておくことで、ちゃんと働いていることもアピールすることができます。

    出会い系サイトを利用している男性の中には物凄く適当で不誠実な人が案外多く、そのような男性からのメッセージが何度も来ていた女性の場合は好印象を持ってもらいやすいです。

    また、あいさつを書くというのもしっかりした人間というイメージを持ってもらうことができるので、当たり前のようで出来ていない男性が多いので案外これだけで他の男性と差別化することができたりします。

    そして、「私も飲みに行くのが好きなのでメールしました」という一文を入れることでしっかりとプロフィールを読みましたというアピールと「あなたに興味がありますよ」というのを伝えることができます。

    なぜメールを送ったのかに関しては他のことでもいいです。例えばストレートに「正直とてもタイプだったのでメール送りました。」でも問題ないです。

    このような伝え方をする時は誠実感をアピールすることが大切です。

    先ほども触れましたが可愛い女性には、どんどん男性からのアプローチが来ます。中にはチャラい内容のメッセージを送る人もいるので誠実感をアピールすることで印象に残る可能性が高くなります。

    そして、最後に「○○さんはどんなお酒を飲むのですか?」と質問することで返信してもらいやすくなります。

    一気に解説しましたが、このように理由があって上記のような構成にしています。

    ちなみにファーストメッセージで「どこに住んでいるのですか」や「おいくつですか」などは聞かないようにしましょう。

    これらの個人情報を最初のメールで聞くのはNGで仲良くなってから聞くようにしましょう。

    ただし、女性のプロフィールに詳細な住所が書かれており、住んでいる場所が近い場合は「僕も○○に住んでいます。とても近くてびっくりしました」のようなことを入れるといい反応をしてくれます。

    サイト内からメールやラインに移り、やり取りする方法

    サイト内からメールやラインに移り、やり取りする方法

    ファーストメッセージが上手くいき女性からの返信が来た次に考えることがメールアドレスやラインIDを聞くことです。

    定額制の出会い系サイトであれば関係ないのですがポイント制の出会い系サイトは女性とメールをするとポイントが減り無くなった場合は追加でポイントを購入することになるのでサイト内で何度もメッセージのやり取りをしているとすぐにポイントが無くなってしまいます。

    できるだけ低コストで出会い系サイトを使いたい人はできるだけ早くLINEなどでやり取りすることが大切になります。

    「すぐにLINEのIDを聞いても教えてくれないのでは?」と思われるのではないでしょうか。

    確かになかなか教えてくれない女性もいますが、いつになれば教えてくれるか不明なので私はすぐにLINEを聞くようにしており、教えてくれない女性に関しては「縁がなかった」や「自分はタイプではないのだろう」と思ってスルーしています。

    会えるか分からない女性にお金を使い続けるのは非常に勿体なく、私的にはキャバクラと同じような感覚と考えているので、可能性が高い女性のみに狙いを絞ってサイトを使っています。

    私の経験上、結構簡単にLINEを教えてくれる女性は多いので困ったことはないです。

    ただ注意していることがあります。

    それはプロフィールとファーストメッセージで誠実さ、まじめさをアピールすることです。

    • 信用できるかも
    • 安心、安全かも

    と、思ってもらえるように工夫することでLINEを教えてもらいやすくなります。

    聞くタイミングに関しては難しいですが、私の場合はファーストメッセージの次のメッセージで聞いています。LINEを教えてくれる女性はいつ聞いても教えてくれるのですぐに聞くようにしています。

    LINEを聞くときのポイントとしては理由をハッキリと伝えることです。

    ただ単に「LINEを教えてください」と言っても教えてくれないので「サイトからメッセージ送るのが面倒なのでLINEでしませんか?」や「LINEのほうが慣れているのでLINEでしませんか?」と理由を伝えて聞くようにしましょう。

    いつ頃にLINEを聞くかに関しては、あなたが出会い系サイトを利用する目的によって変えていただければいいと思います。

    例えば、結婚相手や付き合える女性を探しているのであれば、すぐにLINEを教えてくれない女性でも気に入った相手なのであればサイト内でやり取りを繰り返して仲良くなってからLINEを聞くようにするといいでしょう。

    まとめ:メッセージやLINEでのやり取りは女性を楽しませて飽きさせない

    まとめ:メッセージやLINEでのやり取りは女性を楽しませて飽きさせない

    以上のことを参考にしていただき出会い系サイトで知り合った女性とやり取りすることで実際に会えるようになってきます。

    女性とLINEするのが苦手な男性や会ったことのない女性とやり取りするのが苦手な男性は苦戦すると思いますが、上手くいかなかったとしても何度でもチャレンジすることが重要です。

    少しずつ女性とのやり取りが慣れてきて、あまり考えなくてもいい感じのLINEやメッセージを送ることができるようになります。

    仕事でも趣味でも最初から上手く行くとは限りません。

    少しずつできることが増えていきベテランの域に達するわけです。

    女性を楽しませることを意識してやり取りすると上達が早いので自分のダメなところを見直しつつ何度もチャレンジすることで必ずいい人と出会うことができるので諦めずに頑張りましょう。

    出会い系サイトで女性に会うために重要なことをまとめたページがあるので参考にしてみてください。