女性と直接会って告白するのは勇気が出ないという方はメールを使って告白するのがいいでしょう。成功率は下がる可能性もありますが、メールので告白で失敗しないためにメールで告白して意中の女性と付き合う方法をご紹介します。

はじめに

京太です。

付き合う前の好きな女の子にアプローチする中で
1番のイベントが告白だと思います。

一般的には女性と直接会って
面と向かって告白するのが望ましいと考えられます。

ただ、女の子と恋愛をほとんど
したことがない方は勇気が出せないでしょう。

やはり、直接会って告白するのには
今までに体験したことがないほどの緊張が襲ってきますから。

私の場合は、緊張もしますが、
付き合えた時の嬉しさを想像しながら告白していますが。

直接会って告白できないからといって自分の気持ちを
伝えずにいるのは、心が苦しく我慢できないと思います。

何かしらの方法を使ってでも自分自身の気持ちを
相手の女性に伝えない限り、付き合えることは絶対にないのですから。

そして、面と向かって
告白する方法以外にメールがあります。

勇気が出ないという方でもメールなら
何とか告白できると思っているでしょう。

しかし、メールでの告白は好きという気持ちが軽く見られたり、
男らしくないというデメリットも存在します。

メールで告白すると
振られる確率が上がると思われていると言われていますが、

私は、中学生の頃に4人の女の子と付き合いましたが、
全員メールでの告白で付き合いました。

私個人の意見ですが、相手の女性が自分のことを好きなら、
メールでの告白でも成功すると考えています。
(女性も付き合いたいと思っているので)

ただ、中学まで話であって高校以降は
直接会って面と向かって告白しているので、
高校生以上の女の子にも通用するかは分かりません。

相手が自分のことを好きであれば
メールでの告白でも付き合えると思いますが、

好意はあるけど迷っていると思っている子に
メールで告白しても成功するの?と疑問です。

もしかすると、メールでの告白では
相手の心を動かすことはできないのではないかと考えております。

しかし、直接会って告白するのは無理と
考えておられる方も多数いらっしゃると思いますので、
メールで告白して成功するために必要なことをご紹介します。

今回お伝えするのは、
メールで告白して意中の女性と付き合う方法です。

メールでの告白のデメリット

メールで告白する前に
デメリットを知っておきましょう。

先程にも書きましたように、考えて考えて
気持ちを込めて文章を書いて送ったとしてもメールでは

・イントネーション
・こちらの緊張感、表情
などが

伝わらないので気持ちが伝わりにくいです。

また、男らしくないと思われる可能性もありますし、
女性の中にはメールでの告白はイヤというワガママな子もいます。

直接会って告白してほしいと思っている子に
メールで告白しても成功しない可能性があります。

そして、直接会って告白しても
自分の気持ちを全て伝えるのは難しいのに、

文章を書いてメールを送っても絶対に余す
ところなく伝えられないでしょう。

さらに、メールでの告白で
1番最悪なのが相手からの返事がないときです。

直接だとYESかNOの返事をしてくれますが、
メールだと返事をもらえない場合があります。

メールで告白して意中の女性と付き合う方法

メールで告白したときのデメリットを知ってうえで、
実行するのかを判断していただきたいと思います。

では、メールで告白すると決断された方にはメールで
告白して意中の女性と付き合うために大切なことをご紹介します。

1、メールの内容
2、タイミング

この2つが最重要なことです。
内容も大切ですが、タイミングもかなり重要です。

メールの内容

内容は遠まわしにせず、ストレート
自分自身の気持ちを書くのがベストです。

回りくどい書き方をしてしまうと
告白したことに気付かれない場合もありますし、
ストレートのほうが相手にも気持ちが伝わりやすいです。

また、メールでの告白、直接会って
告白問わず告白する際はタメ口ではなく、
敬語を使って伝えたほうがいいです。

敬語のほうが本気だということがアピールしやすいですし、
普段とのギャップを演出できたりもしますので、
タメ口よりも敬語の方がオススメです。

そして、文面の長さですが、短めが無難です。
長文にすると相手も読むのに疲れてしまいます。

さらに、絵文字は使わないようにしましょう。
絵文字を使うことにより、軽くなりますし、
真剣さもあまり伝わらないからです。

このような感じで、

「○○○のことが好きです。付き合ってください。」
「好きです。付き合ってください。」
「前から好きです。付き合ってください。」

簡潔な文面で良いので“好き”、”付き合ってください”
というキーワードを盛り込んで文章を書いていきましょう。

そこで、注意したいことが
重たくなりすぎないようにすることです。

相手の年齢などにもよりますが、
「結婚を前提に付き合ってください。」
「好きです。付き合ってください。結婚も考えています。」
など結婚のことを伝えると重たいと感じられます。

もちろん、本気であることが伝えられていいのですが、
相手の女性が結婚のことはまだ考えられないと思っている場合は
逆効果になってしまいます。

告白のタイミング

メールを使っての告白で1番注意しないと
いけないことがタイミングです。

あなたの時間が空いている時であれば、
いつでも送ることができますが、

相手にとっては都合が悪い時間
ある可能性があるからです。

朝とかは会社に通勤している、化粧をしている、学校に通学しているなど
基本的に忙しい時間帯なので告白には不向きです。

やはり、相手の女性が精神的に
余裕がないときに告白のメールを送ってしまうと

うざがられますし、
「相手のことを考えられない人」と思われてしまいます。

なので、比較的時間に余裕がある
休日の夜とかが望ましいと言えます。

また、告白のメールを送るまえに
「今時間大丈夫?」などのメールを送り、
相手が今時間的に余裕があるのかを聞きましょう。

おわりに

メールでの告白でも相手の女性が
あなたのことを好きでいる場合は、
絶対とは言い切れませんが高確率で成功すると考えられます。

また、メールで告白すると返信時間から
だいたいYESかNOが分かってしまいます。

いつもの返信よりも大幅に
遅れてくると振られる可能性大です。

私はメールを使っての告白で
1度だけ振られたことがあるのですが、

普段よりも返信が遅く

「振られることは分かったから早く返信くれー(泣)
「あー絶対無理だろうなー(泣)」
「いや、考えてるだけかも」

となかなか苦しい待ち時間を体験もしました。(笑)

そして、冒頭でも書いた通り
メールでの告白は返信がない場合もあります。

その時は大抵振られることが分かると思いますが、
やはり、気持ち的にモヤモヤが残ってしまうでしょう。

「返事がないのは辛いのでいつでも良いので返事をください」
などのメールを送ってみましょう。

メールで告白して意中の女性と付き合う方法でした。