前回の記事で女の子をメール&LINEで口説く方法をご紹介しましたが、成功率を上げる為にいくつかの注意点をご紹介していきます。そこを理解していないと失敗する確率が上がります。

はじめに

京太です。

前回の記事で女性との会話が苦手という方に向けて、
女の子をメール&LINEで口説く方法をご紹介しました。

女の子をメール&LINEで口説く方法

方法としては、自分の存在を相手に1ヶ月ほど掛けて植え付ける作業をして、その作業を一旦ストップして女の子の感情を不安な方向に持っていく。

そして、あなたの存在の大きさを女性に気付かせる。
これが出来れば「友達」or「何とも思っていない男性」から
好きという感情を抱かせることに成功するのです。

簡単に説明すると、こんな感じで狙った女性を口説き落とすのですが、
ここでいくつかの注意点があります。

これを無視してメールテクニックを使っても成功する確率よりも
失敗する確率のほうが高くなってしまいます。

メール&LINEの回数は少なめ

毎日メール&LINEを送るのですが、ここで2通りに分かれてきます。
“返事をくれる場合”、”返事をくれない場合”です。

この2通りに分かれ、
“返事をくれる場合”はそこまで回数にこだわる必要はないのですが、
“返事をくれない場合”は1日に多くのメール&LINEを送ってしまう
一気に嫌われる路線に突っ走ってしまうので気をつけましょう。

返事が無いということは、「うざっ」などと
不の感情を抱かれていますので、

そこで、何通ものメール&LINEを
送ってしまうと彼女とあなたの関係は完全に終わって
しまう可能性が高いので止めておいた方が良いと思います。

最高でも1日2通程度が望ましいと思います。

そして、”返事をくれる場合”はそこまで回数は気にしなくていいのですが、
多過ぎるのもかえって自分の首を絞めることになりかねません。

また、長文など相手が読んでいて
疲れるような文章も避けた方が無難でしょう。

“返事をくれる場合”の女性の心理としては、
今の関係を壊したくない(仕事や学校での)からメール&LINEを
返している可能性が高いからです。

そんな子に多くのメール&LINEを送っても効果は薄いです。

ただし、

あなたの事が好きで返事をしている可能性も
捨てられないので、一概には言えないですが。

愛情表現はしない

もしも、相手の女性があなたの事を好きであれば良いのですが、
友達などと考えられている場合は愛情表現はしてはいけません。

好きでもない男性から毎日メール&LINEが来て、
挙句の果てには「好き」などと送られてきたら発狂ものです。

あと、「可愛いね」「美人だね」などの
褒め言葉も送らない方がいいでしょう。

こういった感じで褒めると相手の女の子に
気があることがバレてしまいます。
相手にその気がなかった場合は完全に終わってしまうパターンです。

返信を強要しない

毎日、メール&LINEを送って返信が来れば
モチベーション的に大丈夫だと思いますが、
返信がないと苦しくて苦しくて虚しくなるでしょう。

しかし、ここで「メール&LINEの返信くれないの?」といった感じで
送ってしまうと付き合うのは不可能になってしまいます。

女性によっては、ストーカーだと思われる可能性もあるので注意しましょう。

当たり前の事と思われた方もおられると思いますが、
意外と好きな女の子相手だと冷静な判断を下せない人が多いので念のため。

途中で相手のことを気遣ってあげる

この方法は一歩間違えればストーカー行為と一緒になりそうなので、
毎日、メール&LINEを送ってから数週間が経った頃

一度、「毎日のメール&LINEうざかったら言ってね」など
相手のことを気遣う文章を送ってみましょう。

ここで、「うざいから止めて」などの返信があれ
止めた方がいいでしょう。

そして、数日から数週間後に女性の
ほうからメール&LINEがあるか待ちます。

メール&LINEがあれば、成功に近づきました。
何も送られて来なければ失敗した可能性があります。

その時は、その子のことを諦めるか違うアプローチをしていきましょう。
ただ、やりすぎは禁物ですよ。

おわりに

このような注意点を守って毎日メール&LINEを送っていけば、
何かしらの進展があると思いますの諦めず頑張りましょう。

絶対、狙った女の子を落とすメールテクニックとは言えないですが、
人間の心理を使ったテクニックなので高確率で口説き落とせると思います。

やりすぎない程度に実践していきましょう。

狙った女の子を落とすメールテクニックの注意点でした。

P.S.


PHASE 2

Fear,and Loathing in Las Vegasのアルバム
「PHASE 2」を買いました。

久しぶりにLIVEにいきたいですね。