女性とメールをするのが苦手という方もおられるでしょう。そのような方におすすめのワザがあります。この方法は会って話ときでも活用できます。

はじめに

京太です。

あなたは女性とメールするのが得意ですか?

得意と答えられる人はあまり多くないと思います。
もしかすると、女性とメールしても続かないという方もおられるのでは?

女性とメールを途切れさせないようにするには、
話に徹するのではなく「聞き手」になればいいのです。

と分かっていても慣れていないと難しいかもしれませんね。
聞き手になっているつもりなのに上手くいかないという人もいると思います。

このような方にオススメのワザがありますのでご紹介します。

女性とメールのコツ

女性とのメールで長続きさせる方法としては、
相槌+感想+質問を意識してメールすることです。

例えば、「趣味って何?」と聞いた(質問)とすると
「音楽を聴くことが好き」という答えが返ってきたとします。

「そうなんだ。音楽聞くとテンション上がるもんね。
どんなアーティスト聴くの?」

このように返すと自然な感じでメールを続けることができます。
もちろん、ずっとこのような方法で返信していると
質問ばかりと感じられる可能性もありますので注意が必要です。

“相槌+感想”だけの返信パターンも混ぜるといいでしょう。

また、相手の返信によっては感想が言えない時もあるでしょう。
上記の例で言えば、好きなアーティストが自分の知らない人だった場合です。

そのような時は返信に困ってしまうかもしれませんが、
普通に「どんな音楽なの?」と聞いてみましょう。

そして、女性自身が好きなアーティストなので、
歌詞が良いとかメロディーが良いと返ってくると思いますので、

“相槌+感想+質問”をしていけばいいのです。

質問としては、
「歌詞のどんな所が良いのか」
「メロディーのどんな所が良いのか」
「LIVEには行った事があるのか」

などの質問をして話を広げていくと良いです。

そして、この方法はメールだけでなく
実際に会ってしゃべる時でも使えます。

ただし、会って話すときはメールと違い
考える時間が多くないので慣れない内は
難しいかもしれませんが慣れてくれば、

意識しなくても普通に会話できるようになってきます。

おわりに

女性との会話が苦手という方に共通するのは
女性との会話数が少ないということです。

誰でも経験が少ない状態では、
うまくいきませんし、苦手なのは当然です。

とにかく女性と関わる機会を増やして
いっぱい会話することで自然に女性と喋れるようになっています。

この方法なら女性とメールができるでした。