キスは愛情表現の1つであり、キスが下手な男では女性に逃げられてしまいます。キステクニックを磨き上げて女性を虜にしましょう!

はじめに

京太です。

キスは愛情表現の1つで、
また、お互いの気持ちを昂らせるための方法でもあります。

恋愛において大切なキスが下手では
せっかく付き合えた彼女に幻滅されてしまいます。

また、女性にとってキスというのは、
セッ☆スと同じぐらい、もしくは、それ以上に
大切な行為
だということを覚えておきましょう。

適当にキスをしていた人も
これからは丁寧にしていく必要があります。

女の子に「この人、うまっ!」と思われるために
キス上手になるための方法をご紹介していきます。

キスのための準備

ただ単にキスが上手くても意味がありません。
口が臭かったり、唇がカサカサだとキスが下手な男と思われてしまいます。

このような初歩の段階で躓いていては
女の子を虜にするようなキスはできません。

その為には、

1、口臭予防

2、唇を保湿

この2つに気を遣いましょう。

私がしている方法はご飯などを食べた後には
ミンティアorフリスクを噛んでます。(因みに好きな味は1番辛いやつです)

もちろん、歯を磨くのが1番いいのですが、
外ではなかなか磨くことができないので
ミンティアorフリスクで口臭予防しています。

また、女の子と一緒にいない時でも食べるようにしています。
理由は習慣化することによって常に臭くない口にすることができるからです。

要は女の子としゃべったりした時に口が臭かったらダメですからね。
口臭に関してはミンティアorフリスクでニオイに気を遣ってます。

そして、唇に関してはリップです。
これも口臭と同じでキスをしない時でもマメにケアしています。

日頃からケアすることで、いざって時に最高の唇でキスを
することができるからですね。

この2つを徹底的にすることでキスの準備はいいでしょう。

超ソフト+スロー+焦らす

上記の準備を日頃からしておけば、
「口くさっ!!」とか「唇、カサカサ・・・」などと
思われなくなり、第1段階はクリアでしょう。

次に大切なのがキスのテクニックです。
女の子に「この人ともっとキスしたい!」と思わせるような
キスをマスターしましょう。

超ソフト+スロー+焦らす

キスが下手な男性というのは
最初からとにかくガッツク感じで荒々しいです。
そんなキスをしていては女性は幻滅します。

トロるようなキスというのは、
超ソフトなキスでゆっくりなのです。

相手の唇に触れるか触れないかぐらいの距離でキスをしていきます。
できるだけ、ゆっくり

また、たまに焦らしを入れることで
女の子の感情を昂らせることができます。

焦らしは非常に効果があるので
ぜひ、取り入れてください。

キスに慣れていないと、もっともっとって感じでがっつきがちですが、
常に頭の中を冷静で保ちながら超ソフト+スロー+焦らすという事を
忘れないようにしましょう。

そして、ソフトなキスをした後はディープキスに移っていくのですが、
すぐに移行するのは論外ですよ。

ゆっくり時間をかけてソフトなキスをしましょう。

ディープキス

ディープキスの時に気をつけることは
舌を固くしないことです。

慣れていないと難しいかもしれませんが、
舌に力を入れないようにしましょう。
アイスクリームを舐める感じ?ですかね。

また、舌ばかりではなく
唇に戻ったり焦らしたり見つめ合ったりなども重要です。

おわりに

忘れないでほしいことは

1、ガッツかない

2、超ソフト

3、ゆっくりと

4、たまに焦らして

この4つは絶対に忘れないでくださいね。

「これくらいソフトでいいか」ではなく
あなたができる範囲で1番ソフトなキスをして、

「これでもか!」ってくらいゆっくりで
焦らして焦らして焦らしたおす。

このことを頭に叩き込んでおくと
上達するのが早いです。

キス上手になり女性を落とす!でした。