女性が苦手で上手く喋れないという男性が、まず改善したほうが良いことをご紹介します。

しゃべる内容を考える前に見つめ直して欲しい箇所

「女性と会話するのが苦手で仲良くなれない」
と悩んでいる男性が多いのではないかと思います。

特に若い男性に多いという印象があります。
携帯の発展によりメール、ラインなら緊張もせず、
普通にやり取りができるけど実際に会って話すのは苦手といった所です。

男友達と会話するときは何も考えなくても話題が見つかるのに
女性と会話するときは話題を探してもなかなか見つからない。

話題が見つかっても会話が続かない・・・。
少し話して途切れ、また話題を探し話してすぐ途切れ・・・。

このようなことが永遠に続いたりしませんか?

女性とでも緊張せずに男友達と話している時と同じぐらい
しゃべれないと仲良くなれないですし付き合うなんてまだまだ先の話ですよね。

女性と話を続けることを考える事も大切なのですが、
それよりも先に見つめ直して欲しい所があります。

それは女性と話す時のあなたのテンションです。
あなたのテンションが低いと女性を楽しませる事なんてできないからです。

できるだけテンションを上げて話すのが会話を上手く進めるコツです。
ただ、テンションが低めの男性からすると「そんな簡単にテンションが上がらない」
と思われるのではないかと思います。

いきなりテンションを上げるのは難しいと思いますので、
リアクションを分かり易く、少し大げさにするようにしましょう。

自分ではリアクションをしてるつもりでも相手には伝わっていない場合があります。
そうならないように少し大げさにリアクションするように心がけます。

なぜ、リアクションを分かり易く、少し大げさにするのかと言うと
リアクションが薄い男性と一緒に遊んでも楽しくないからです。

・美味しいご飯を食べても無反応。
・プレゼントを貰っても無反応。
・夜景など綺麗なのを見ても無反応。

そんな女性と一緒にいても楽しいですか?
楽しくないですよね?

なので、リアクションをちゃんと取るようにするのです。
会話が苦手なのを克服するために会話について学ぶ前に見つめ直すべき所ですね。

そして、もう一つあります。
それは声の大きさです。

女性と話すのが苦手な男性に多いのが声が非常に小さいという事です。
よく「え?なんて?」と聞き返されることが多い人は声が小さいと言えます。

声が小さいと何を言ってるのか分からないですし、
最悪、自分に自信が無い男性と思われてしまいます。

また、暗い人だと思われたり全く良いことはありません。

「え?なんて?」と聞き返されるのが女性だけでなく
男友達からも聞き返される場合は根本的に声が小さいのでしょう。

とにかく、声が小さい方には”今までよりも大きい声で話す”ようにして欲しいです。
今気づいてすぐに大きい声で話せるようになれれば一番良いのですが、
そう簡単には上手くいかないと思います。

なので、先程も言ったようにテンションを上げることから始めるようにしましょう。
テンションが上がっている時は普段よりも大きい声になっていたりしませんか?

そのテンションで女性と会話すれば、聞き取りやすい音量になっています。
ただし、テンションを上げるだけであって興奮してはいけませんよ!!(結構重要)

ここで言う興奮とは性ではなく、話すのが楽しくなり過ぎて
早口になったり、滑舌が悪くなったりする興奮です。

何を言っているのか分からなくなるので、興奮しないようにしましょう。
と言っても誰しも興奮してしまう時があると思います。

自分で早口になっているなと思ったら
一旦、話すのを止めて落ち着いてから再開すればいいでしょう(深呼吸するのもアリ)

“テンションは高めだけど落ち着いている”が理想ですね。

おわりに

誰しも欠点をすぐに直すのは難しいので、
少しづつ練習を重ねてテンション・声の音量を上げていきましょう。

また、かなり使える手として話すのが上手い人の
会話を分析すると短期間で苦手を克服することができます。

・どれくらいのテンションで話しているのか?
・声の音量はどれくらいなのか?

ということに注目してみましょう。
そして、その人と同じように真似をすればいいのです。

テンション・音量を真似すれば、会話上手な人へと近づいていけるからですね。