年下の彼女が出来たら、デートに行くと思うのですが、同い年、年上の女性と同じようなデートプランや扱いをしても年下の彼女は喜んでもらえないでしょう。でも、「どうすれば分からない」という声もあるでしょう。なので、年下の彼女と上手にデートする方法をご紹介します。

はじめに

京太です。

狙っていた女の子に対して頑張ってアプローチして、
勇気を出して告白して女の子もOKしてくれた。

もうすぐデートの日で待ちきれない。

でも、年下の女の子と付き合うのは初めてで、
どのようなデートプランを考えればいいのか分からない・・・・・

やっとの思いで付き合えた年下の女性
初デートを無駄にはしたくないですよね。

もし、彼女を楽しませることができなければ、別れを告げられるなんて
最悪なバッドエンドを想像したりしているかもしれません。

そんなことを思わなくても大丈夫です。
付き合いたてというのは、気持ちも高ぶっている時期なので
デートが最悪でも、あなたのことを嫌いになったりしませんよ。

え?これは答えになっていない?

ですよね(笑)
失礼しました!

さて、前置きはこのへんまでにして、
年下の彼女と上手にデートする方法をご紹介していきます。

人と違ったデートプランにする

あなたと年下の彼女の年齢差、学生なのか社会人なのかにもよりますが、
年下の女性は人生経験が短い分、
まだまだ、経験したことがない事が非常に沢山あります。

行ったことがない場所、食べたことがない料理などです。
あなたは、彼女が経験したことがない場所に連れて行くことを
心がけるようにしましょう。

彼女が経験したことのない場所や料理を食べさせてあげるだけで、
「今までの男性と違う」と思うわけです。

つまり、未経験のことを体験させてあげれば、
初めての男性になれるわけです。

これをするだけでも、あなたに彼女は
今まで以上に好きになってもらえるわけです。

学生の彼女であれば、食事する時って
高級なレストランなどでは食べないですよね。
なので、あなたが連れて行ってあげる。

初デートだった場合は、彼女に気を使わせる可能性があるので、
避けるほうが無難かもしれません。

数回デートを重ねてから連れて行ってあげましょう。

もちろん、あなたが払らうのに
躊躇するほど高級なレストランでなくてもいいのです。
あなたに払えるぐらいのレストランでデートをしましょう。

また、最初から高級な所でのデートプランにすると、
女性は次回のデートでも期待をしてしまうのでハードルが高くなる可能性があります。

「彼女が行ったことがないような場所が分からない」
という方は直接彼女に聞いて見ましょう。

普通に会話している時にヒントとなる
ワードが出てくる場合もありますし、

「普段はどんな所で食事しているの?」とかの
質問をして聞くのもいいでしょう。

デートコースは臨機応変に!

年下の彼女と最高のデートをしようと
最高のデートプランを立てる方もいますが、
デートコースを臨機応変に変更できるようにしましょう。

人によっては、
「デートプランを出来るだけ変えたくない」という方もおられますが、

彼女が楽しくなさそうにしていれば、
違うデートコースにしたりしましょうね。

あなたの中では最高でも彼女の気分や体調によっては、
楽しめない場合もあることを覚えておきましょう。

そこを理解しないで、自分のデートコースをゴリ押しするのは、
ただの自己中心野郎になってしまいます。

なので、彼女の顔色を見て楽しんでいるのか
楽しんでいないのかなどを観察してデートコースを
臨機応変に変えていきましょう。

その時に、すべてを自分で考えるのではなく、
彼女にも行きたい所や食べたい料理なども聞いてあげましょう。
そういった気遣いをしてあげるだけでも、嬉しかったりするものです。

できれば、奢ろう!

あなたと彼女の年齢差が離れていれば離れているほど、
相手の女の子は奢ってくれるものと思っています。

初デートなら、できる限りは奢るようにしましょう。
2回目以降のデートでも出来る限りは奢ってあげる方がいいのですが、
お金に余裕がない場合は、少し出してもらってもいいでしょう。

割り勘もいいのですが、一円単位までキッチリすると
彼女が幻滅してしまいますので、少し多めに出してあげるようにしましょう。

また、女の子によっては少しは出したいという子もいるのですが、
奢ってカッコイイ所を見せようと断り続ける男性がいます。

でも、これは間違いで奢られるのは
イヤって女性に無理やり奢っても

カッコイイと思われるどころか気を使う男
思われるので注意したいところです。

あと、お金がないのに高級レストランに連れて行って会計のときに
「割り勘にしてくれる?」とか「少しお金出してくれる?」
とかを言ってしまうのは、論外なので止めましょう。

彼女からすると「払えないなら連れて来ないで」と思われてしまい、
好感度がダウンしてしまいます。
なので、金銭的に払うのが厳しい所には行かない方が無難でしょう。

大人の振る舞い、扱い

これらに加えて、大人の振る舞い、扱いを心がけるようにしましょう。
彼女と同年代の男では、していなさそうな振る舞いや扱いをしてあげると、あなたのことを大人の男性と思い好感度がアップアップです。

例えば、

行く所を決める時や食事をする時には、自分だけで決めるのではなく
彼女の意見も聞き入れてから決定するようにしましょう。

ただし、相手の女性にすべてを任せるのでないですよ。
相手の意見を聞き入れてから
知っているレストランなどに連れて行ってあげるのです。

任せきりでは、優柔不断な男と思われしまいます。

また、レストランなどに入った時にソファがある場合は、
女性をソファに座らせてあげたり、
眺めがいい席がある場所なら、できるだけその場所に座らせてあげましょう。

あと、レディーファーストもしていくように
したら大人の男性と思われて、あなたにメロメロになること間違いなしです。

日本の男性でレディーファーストを
している人ってなかなかいないですよね?

なので、あなたがすれば、他の男と差別化を図ることができます。

例えば、扉を開けてあげたり、
席に座る時は女性側のイスを引いてあげたり

簡単なことでいいので実践していきましょう。

以外とこのようなことをしてくれる男性が少ないので、
初めてレディーファーストをしてくれた男性になれるチャンスです。

おわりに

年下の女性というのは、あなたの方が年上な分
考え方が幼稚な部分もあるでしょう。

そういった場面に出くわしても、
バカにしたりせず教えてあげれるなら教えてあげたり、

年下の男性ではできない所を
どんどん見せていくのが年下の女性と上手に
付き合っていくためのコツでもあります。

また、年下の女性は金銭的にも劣っている場合が多いので、
ちょっとした移動の時に歩くのではなくタクシー
使うと好感度が上がる場合があります。

普段はお金が勿体無くてタクシーを使わない女性だった場合は、
タクシーを使うだけで大人の男性と思われ、
付き合って良かったと思われたりします。

もちろん、普段からタクシーを
使わない方なら無理して使わなくていいです。
もしも、お金に余裕があれば実践していきましょう。

最後にデートをする時に自分中心で考えるのではなく、
彼女中心にして考えることにより、

「この後どうすればいいのか?」

「無理して次のデートプランを決行する必要があるのか?」

などが分かるようになります。

彼女の方が明日の朝が早い場合、
もっと一緒に居たいと思っていても帰してあげられるような
広い心を持つような男になれるよう心がけましょうね。

年下の彼女と上手にデートする方法でした。