「年下の女性と付き合いたい!」でも、年下の女の子へのアプローチ方法が分からないし、出会いもない!という方に年下の女性を口説き落とす方法を教えます。

年下の彼女を作るには・・・『年下の女性を口説く方法』

昔から若い女性(年下の女性)が好きだったから、年をとるにつれて年上の女性よりも年下の女性を好きになった方もおられると思います。

今回は年下と言っても18歳から20歳(22歳も範囲内)のとても若い女の子が好きで「彼女にしたい!」という方に向けた記事です。

まず、18歳から20歳(22歳も範囲内)の女性の特徴としては、遊び盛りで凄く楽しいことが好きということです。

20歳以上の女の子に関してはお酒が飲める年齢になり楽しみが1つ増えた状態で、より一層楽しいことが大好きな年齢です。

好奇心旺盛で楽しいことならやりたい!というイメージです。「とにかく楽しいことをしたい」と思っている年齢だと言えます。

このような女性にアプローチする時は基本的に軽いノリがあったほうがすぐに打ち解けられて仲良くなりやすいです。

もちろん、軽いノリみたいなのが苦手という子もいるので見た目などから見極めることが大切になってきます。

なので「僕は真面目です!!」みたいな感じで真面目な所ばかりをアピールしても「つまらない人」と思われ仲良くなることは難しいわけです。(これは全年齢に言えることですが)

思い出してみてください。18~22の頃は楽しい事ばかりしてませんでしたか?友達と飲みに行ってバカ騒ぎして・・・などなど

また、年齢的に恋愛経験が浅く押しに弱いのも特徴だと言えます。相手の女性にもよりますが、基本的には男性慣れしていない女性が多いです。

20代後半~30代の女性というのは経験を積みガードが固くなってきて簡単には落とせない、簡単にはホテルに着いて来ない女性が多いですが、押しに弱く色々と経験したい若い女性は思っているよりも簡単に口説き落とすことが可能なのです。

恋愛経験が浅い子というのは「可愛いね」などの外見に関する褒め言葉でコロッとあなたのことを好きになってしまう子もいます。

正直な話「可愛い」とあまり言われてこなかった女性はものすっごく落とすのが簡単です。

しかし、そのような女性に「可愛いね」と言うと大抵の子が「可愛くない」「お世辞ありがとう」などと言われて躱されてしまいます。

自分のことを可愛いと思っていないのであなたが「可愛い」と褒めても信じてもらえないのです。

もちろん、内心は信じていて褒められて「嬉しい」と思っている場合もあります。

では、信じてもらうにはどうすればいいかと言いますと僕は「いやいや、本当に可愛いよ」「俺は可愛いと思ったけどな」「目が可愛い」「俺はタイプな顔やけどな」などと言っていますね。

信じてもらうのに必要なのは真っ直ぐ女の子の目を見て言うことです。目を見ないで言うのと言わないのでは全然効果が違ってきます。

また、僕が心がけているのは初対面などの仲良くなる前の子に対しては「可愛いね」を真面目な顔で言うのではなく軽い感じで言ったりします。

軽いニュアンスで言って「全然可愛くないよ」などと躱されたら「いやいや、本当だよ」「お世辞でそんなこと言わないよ」などと言っています。

相手の女性にもよりますが、たったこれだけで結構効果が高い子もいます。あまり褒められていない子に関しては絶大な効果を発揮しますよ!

そして、今まで軽いノリが大切と言ってきましたが、ときには大人の余裕なども出すと好印象になりやすいです。

僕が18~22歳の子にアプローチする時は基本的に軽いノリで喋って顔「ほんと○○って可愛いよね」などと褒めて楽しい会話をするようにしています。

楽しい会話というのは、とにかく女性を笑わすような会話ですね。100%「可愛い」と女性のルックスに関して褒めるようにしてます。

絶対、今まで可愛いと言われまくっているだろうなと思うくらい可愛い子に関しては言わない場合もありますが(ルックス以外を褒めてます)

すごく可愛い女の子には褒めないと書きましたが、全く褒めないわけではないです。

やはり、18~22歳だと可愛くても言われてきた回数が少ないからです。また、同年代の男性は変に意識してしまい「可愛いね」と褒めてない可能性もあるからです(草食系男子が増えてきてますからね)

この問題は難しいところがありますが、基本的にすごく可愛い子に対しても「可愛い」と褒めているので、そこまで気にしなくても良いです(20代後半とかになると気にした方が良いかも)

ここまでをまとめると、

基本、軽いノリで攻める(たまに大人なところを見せる)

恋愛経験が浅く、押しに弱い(積極的にアプローチします)

男性慣れしてないので、とにかく褒める(褒め殺します)

女性によっては、本当に褒めまくるだけで口説き落とせる子もいます。経験上、18~20歳の女性は褒めるだけでも効果大だと思います。

また、彼女にする前にホテルに行きたいなと考えてホテルに誘って断られたとしても引き下がらず攻めましょう(全年齢に共通)

年齢を重ねた女性よりもホテルに行ける確率が高いです(押しに弱いため)若い子は上記のアプローチでほとんどの子を落とすことが可能です。

若い女の子と出会いがない!『年下の女性と出会う方法』

正直、「若い女性と出会うことができない」ことのほうがアプローチの仕方よりも深刻な問題ではないでしょうか?

大学生の方は学校で年下の女の子と出会える確率が非常に高いでしょう。もちろん、通っている学校によっては少ない所もあるでしょうし、狙っている子は既に彼氏がいる場合だってあるでしょう。

社会人の方は職場に女性がいない場合から少ない、おばさんしかいないなど若い女性(特に18~22)がいる職場で働いていない方は多いでしょう。

このように若い女性と出会いがない場合はナンパ(街、居酒屋、クラブ、バーなど)、合コン、紹介などで18~22の女性と出会うしかないわけです。

ナンパは一番出会える確率が高いですが「できない!!」という方のほうが多いでしょう。

合コンに関しては、まずセッティングするかしてもらわないとできませんし、若い女性が来るとは限りません。

紹介も同じで若い女性を紹介できる知り合いがいないかもしれません。となると出会うのはあなたの年齢によっては奇跡に近いとも言えます。

「では、諦めるのか??」

現実を見ると諦めるしか選択肢はないのかもしれません。しかし、ナンパよりも口説き落とすのが簡単で若い子と出会える方法があります。

それは出会い系サイトを使うことです。

出会い系サイトのメリットは相手も出会いを求めているということです。ナンパをして捕まえようと思っても女性側が出会いを求めているとは限りません。

相手も出会いを求めているということは、ものすっごく会い易いということです。

また、合コンや紹介だと少人数の女性としか出会えないですが、出会い系サイトを活用すれば、多くの女性に対してアプローチすることができます。

多くの女性にアプローチできるということは、その分、口説き落とせる確率が上がるということです。

「でも、出会い系って可愛い女の子いないのでは?」と思われましたか??この心配はしなくて大丈夫です。

もちろん、可愛くない子もいますが可愛いのに出会いがない女性もいるからです。

そのような子は出会い系サイトに登録していることもあります。なので、可愛い子とも出会うことができます。

ただ、ライバルが多いということがデメリットではあります。しかし、それに関しては学校、職場などで可愛い子がいてもライバルが多いのは変わりませんよね。

「でも、出会い系サイトを使って女性と出会えるか不安・・・」という方もおられるでしょう。

プロフィールの書き方

ファーストメッセージの書き方

アプローチの仕方

どんな内容のやりとりをしたらいいか分からない

などのような不安があるかもしれませんね。

そのような方に向けて僕が出会い系サイトを使って経験したことをまとめたノウハウがありますので参考にしていただくと良いかと思います。

僕が使用している安心の出会い系サイトも紹介しています。やはり、出会い系サイトによってはサクラしか居らず、実際には会えないという悪質なところもありますが、その心配も無用です。

また、実際に会おう思ってやっている子と会える確率が低い子の見極め方も書いているので安心してください。

そして、上記で挙げたプロフィールの書き方なども書いているため適当に出会い系サイトをやるよりも格段に会える確率が高いです。

さらに、僕が実際に出会い系サイトを使って18歳の女の子と出会って実際に会い、その子の家に泊まってイチャイチャ(最後まで)した時のLINEでのやり取りを紹介していますので、どのような内容のラインを送って良いか分からない人でもイメージしやすいと思います。

しかも、何がすごいって会うまでに掛かった料金は無料(0円)ということです。(なぜ、無料で会えたかというのも記載しています)

詳しくはこちら